もしも妊娠中に性器ヘルペスになってしまったら…出産への影響

性器ヘルペスの基礎知識

将来赤ちゃんが欲しい・・・女性なら誰でも描く普通の将来像ですが、性器ヘルペスに感染したことで「妊娠・出産は大丈夫かな…」という漠然とした不安を抱えていませんか?

赤ちゃんへの遺伝や、出産するときの感染など心配される方が多いと思いますが、性器ヘルペスは遺伝することはなく、感染リスクはゼロではないにしろほとんどの場合は子作り、妊娠、出産に問題がないといわれています。

妊娠中に性器ヘルペスに感染した場合

母体の感染時期(初感染か?再発か?)によって胎児への影響は変わってきます。

妊娠中は性器ヘルペスが再発しやすい?治療はどうする?

性器ヘルペスは免疫力が落ちたときに再発することが多いのですが、妊娠中に免疫力が高いままだとお腹の赤ちゃんを異物とみなして体内から排出しようとする力が働いてしまいます。

そのため、お腹の赤ちゃんを守ろうとしてホルモンバランスが変化し、体の免疫力が低下することで風邪をひきやすくなったり、性器ヘルペスが再発しやすくなるのです。

再発した場合、通常であれば抗ウイルス剤の内服薬で治療しますが、妊娠中は内服薬は基本的に控えなければいけないため、抗ウイルス剤の外用薬を使い経過観察となります。

初感染の場合、症状が重いことが多いため内服薬で治療を行う場合もありますが、中期を過ぎていれば内服薬でも胎児の発育などに影響はないとされています。

妊娠中は内服薬全般を避けることが多いですが、症状などから医師が必要と判断した場合は医師の指示に基づいて服用しましょう。

妊娠中に初感染してしまったら?出産への影響は?

母体が性器ヘルペスに初感染した場合、妊娠してから29週までは赤ちゃんへ感染するリスクは低いですが、30~40週の間に初感染した場合は赤ちゃんが 「新生児ヘルペス」になるリスクが最も高くなるといわれています。

初感染した母親には、単純ヘルペスウイルスに対する免疫が十分に備わっていないため、赤ちゃんをウイルスから守る力が弱まってしまうからです。

性器ヘルペスの初感染時はウイルスがたくさん出て産道にもウイルスが存在しているため、分娩時に胎児が産道を通るときに感染(経産道感染)するおそれがあります。

抵抗力のない新生児が感染した場合は重症になるケースもあるため、分娩時に性器ヘルペスの症状がある場合や、初感染後1ヵ月以内、再発から1週間以内の場合は、帝王切開で分娩したほうが安全だといわれています。

パートナーが性器ヘルペスをもっている場合

妊娠中の方が性器ヘルペスに感染していなくても、パートナーが性器ヘルペスをもっている場合は、パートナーから感染しないよう十分注意するとともに、医師にも伝えておく必要があります。

パートナーに症状が現れていないときでもウイルスが出ている可能性があるため、妊娠中の性行為は必ずコンドームを使用しオーラルセックスは避けるなど細心の注意を払いましょう。

産後でも赤ちゃんに性器ヘルペスがうつる可能性はある?

単純ヘルペスウイルスは遺伝する心配はありませんが、ヘルペスウイルスが付着したものに触ることで感染することがあるため、家族やパートナーなど親密な関係の人ほどうつる可能性が高くなります。

性器ヘルペスの症状が出ているときに患部を触った手などは必ず石鹸で洗い、タオルを共用しないなどの注意が必要です。

皮膚にできた傷口や粘膜などはウイルスが入りやすい場所なので、赤ちゃんの傷口や粘膜に触れる場合は十分に気をつけましょう。

妊娠中の再発や初感染を予防する3つのこと

①規則正しい生活を心がける

妊娠中は免疫力が低下するため、バランスのよい食事・質のよい睡眠・適度な運動を心がけて体の土台をしっかり整えることが大切です。

妊娠中に限らず基本的なことですが、この当たり前のことがヘルペスや風邪などの病気をよせつけない予防策になりますので、妊娠前から規則正しい生活を心がけましょう。

②ストレスを溜めこまない

お腹の赤ちゃんのことを考えると幸せな気持ちになる反面、不安な気持ちもたくさん出てくると思いますが、必要以上に考えすぎることはストレスになり再発につながります。

自分なりのリラックス法、ストレス発散法を見つけて、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

③性行為はなるべく控える

妊娠中は免疫力が低下するため、性行為が引き金となって再発するケースも。また、性器ヘルペスの症状が出ているときはパートナーにうつす危険があるため控えましょう。

症状が出ていない場合でもウイルスが出ている場合もあるためコンドームの使用は忘れずに。

最後に

性器ヘルペスを持っている女性は妊娠・出産に不安を抱えていると思いますが、性器ヘルペスを発症しても多くの方が元気な赤ちゃんを出産されています。

必要以上の不安は再発のリスクも高めますので、小さな不安でもご家族に話されたり、医師に相談して不安を取り除いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました