性器ヘルペスが再発するきっかけと前兆とは?

性器ヘルペスの再発

性器ヘルペスの初感染を経験された方は、その症状の辛さから「もうこんな思いは二度としたくない」と思ってしまいますよね。

しかし、1年以内に性器ヘルペスが再発する割合は約8割。

再発がつきものの性器ヘルペスと今後どう付き合っていくか悩ましいところですが、性器ヘルペスが再発するときは必ずきっかけがあります。

そして、再発するときは何らかの前兆もあります。

この、きっかけと前兆を把握することで、再発を予防することもできるのです。

性器ヘルペスが再発するきっかけとは?

性器ヘルペスが再発するとき、普段は神経節におとなしく潜伏しているウイルスが、何かのきっかけで再び感染した性器周辺に戻ってきて増殖しようと暴れることで症状が起こります。

なぜ普段はおとなしくしているウイルスが再び暴れてしまうのでしょう。

それには、心身の疲労やストレスが大きく影響して再発のきっかけとなることが分かっています。

再発するきっかけ【肉体的な原因

  • 疲労が溜まったとき
  • 暴飲暴食、アルコールの摂り過ぎ
  • 紫外線による皮膚の損傷
  • 性交渉による皮膚のまさつや損傷
  • 生理前
  • 性器ヘルペス以外の性感染症

再発するきっかけ【精神的な原因

  • 長時間のストレス(不安・怒り・悲しみ・情緒不安定)

このような肉体的・精神的ストレスが度重なると、免疫力が低下して再発を繰り返すことになります。

再発頻度が高くなるとさらにストレスや不安が増え、また再発してしまうといったスパイラルに陥ってしまう方が多いのも、性器ヘルペス再発の特徴です。

肉体的・精神的な原因から読み取れること

生理前などのように避けようのないきっかけもありますが、再発するきっかけのほとんどは予防できることばかります。

疲れやストレスが溜まりすぎる前に十分に休息し、食べ過ぎや飲み過ぎに気を付け、紫外線対策をするなど、性器ヘルペス再発のきっかけとなることを日常生活で意識して改善するだけでも、再発頻度は低くなってきます。

性器ヘルペスが再発する前兆とは?

日ごろから疲労やストレスを溜めないような生活をすることが大切ですが、前兆を感じた時点で早めに対処することが症状を軽くする秘訣です。

前兆ってどんな症状?

  • ムズムズとした違和感
  • ヒリヒリ感
  • 性器周辺のかゆみ
  • 腰痛
  • 下肢のしびれ感など神経痛のような症状
  • 全身のだるさなど

私も長年何度も再発を繰り返してきましたが、再発の前兆は主にムズムズとした違和感や軽いかゆみを感じることが多かったです。

多くの場合は初感染時のような重い症状はではなく、小さな水ぶくれや潰瘍が1個~数個できる程度で再発するたびに症状は軽くなっていきます。

前兆を感じたら早めに対処

前兆を感じた時点で早めに抗ウイルス薬を服用することで症状が軽く済みます。

私の場合も前兆後すぐ薬を飲むことで水ぶくれができる前に治ることがほとんどでした。

治療は早く開始するほど軽い症状に抑えることができることから、再発の前兆があったらできるだけ早く受診しましょう。

ただ、前兆を感じてから病院に行こうとしても、処方してもらうまでに時間がかかりその間もどんどんウイルスは増殖してしまいます。

そこで手元に薬を置いておきたいところですが、病院で処方できるのは5日分までですので常備薬として手元に置いておくことができません。

そこで私は前兆があったらすぐに服用できるようにこちらを常備薬として使っています。

★備えて安心!性器ヘルペス再発時に助かる常備薬2つ

すぐに病院に行ける方であれば受診することをおすすめしますが、何らかの理由ですぐに病院に行けない方であればこちらが便利です。

何度も再発を繰り返している方には“再発抑制療法”

再発を何度も繰り返していると再発しそうな兆しはすぐわかるようになりますが、あまりにも再発が多いという方には再発を抑制する治療法もあります。

★性器ヘルペス『再発抑制療法』の効果と費用

気軽に再発予防したい方にはサプリメントがおすすめ

ヘルペスケアに有効な成分「リジン」をはじめ、皮膚や粘膜の健康維持を助ける成分が配合されたサプリメントを毎日摂ることでヘルペス予防ができます。

★性器ヘルペスおすすめサプリ3選|再発予防&早く治すランキング

★備えて安心!性器ヘルペス再発時に助かる常備薬2つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました