性器ヘルペスを放置したら自然治癒するまで何日かかる?

性器ヘルペスの基礎知識

性器ヘルペスは一度感染してしまうと、その後免疫力が落ちたときなどに再発を繰り返しやすい性感染症です。

症状を放っておいたとしても、私たちの体に本来備わっている自然治癒力で徐々に回復していきますが、完治するわけではありません。

私は性器ヘルペスの再発時に「少しガマンすれば治るでしょ」とか「病院に行く時間とお金がない」などと理由をつけて症状を放置したことがありますが、症状が落ち着くまですごく時間がかかりとても後悔した記憶があります。
特に初感染時は放置することで症状が悪化する恐れもあるため注意が必要です。

性器ヘルペスは自然治癒する?

性器ヘルペスに感染したら、初感染時・再発時ともに抗ウイルス薬(バルトレックス、ゾビラックスなど)を服用して治療しますが、身体に本来備わっている自然治癒力で治ることもあります。

初感染時・再発時に症状が落ち着くまでかかる時間と、おおよその治療期間は下記のとおりです。

初感染のとき

自然治癒する場合:2~4週間程度(1ヵ月以上治らない場合もあり重篤化する恐れがある)
治療を受けた場合:5~10日程度(治療期間:10日~14日程度)

再発したとき

自然治癒する場合:1週間程度(10~14日程度かかる場合もある)
治療を受けた場合:3日程度(治療期間:5日~7日程度)

このことからもわかるように、治療を受けると回復が早く軽い症状で済みます。

初感染時は特に症状が重篤化する場合があるので、自然に治るのを待つことは様々なリスクを伴うため、おすすめできません。

何度か再発を繰り返すと、再発しそうな予兆(軽いかゆみなど)がわかりやすくなってくるので、その時点で早期に対応するほど治りも早くなります。

再発時は初感染のときほど症状が重くないので特に放置しがちですが、薬に頼りたくないという方は日頃からヘルペスケアサプリメントを飲んでおくと再発予防効果があります。

★【感想】性器ヘルペスの私が『りぷさぷり』を飲み続けた結果

性器ヘルペスを放置する危険性

性器ヘルペスの初感染時・再発時の患部の状態は、水ぶくれや潰瘍などがありウイルスが非常に多くなっている状態です。

その状態を放置すると患部に病原菌が侵入しやすい状態になり、健康なときに比べると他の性感染症やHIVの感染率が何百倍も上がるといわれています。

想像しただけでも恐ろしいですよね・・・

また、なかには強い頭痛、髄膜刺激症状を伴ったり、尿閉や便秘などの末梢神経麻痺の症状が発症することもあるんだとか。

このように、放置することによるリスクはさまざまですので、後から後悔することのないよう早めに受診することをおすすめします。

さいごに

性器ヘルペスはなかなか人に言いづらい場所に症状が出るため、誰かに相談したり病院に行ったりするのは勇気がいることだと思います。

私もそうでしたが、そんな思いから放置しても何もいいことはありませんでした。

初感染時には症状が重くなってから病院に行き治療にも時間がかかりましたし、再発時は症状が軽いからとガマンして自然に治るのを待ち、結果自然治癒するまでの期間すごくストレスを感じ、一度治ってからすぐ再発という悪循環も経験しました。

性器ヘルペスの症状は個人差はありますが精神的・肉体的ストレスもかなり大きくなります。

一度かかってしまうとつらい病気ですが、きちんと症状と対処法を認識していれば上手に付き合っていくこともできるのです。

再発そのものを抑える「再発抑制療法」という治療法もありますので、再発が多くて悩まれている方は医師に相談されることをおすすめします。

おすすめ関連記事

★性器ヘルペス『再発抑制療法』の効果と費用

★性器ヘルペスおすすめサプリ3選|再発予防&早く治すランキング

★備えて安心!性器ヘルペス再発時に助かる常備薬2つ

★【感想】性器ヘルペスの私が『りぷさぷり』を飲み続けた結果

コメント

タイトルとURLをコピーしました