性器ヘルペスの治療ができる病院の選び方

性器ヘルペスの基礎知識

できるものなら病院なんて行きたくない。

性器をお医者さんに見られるなんて恥ずかしい。

そんな思いから病院に行かずに治療が遅れ、症状が悪化してしまうケースも。

性器に痛みやかゆみがあるなど明らかな症状を感じているなら、悪化させないためにも早めに病院へ行くのがベストです。

ただ、病院といっても何科に行けばいいのか、どうやって探せばいいのか、周りの人に聞きづらいという方も多いのではないでしょうか。

今回は性器ヘルペスの検査・治療ができる病院の選び方のコツをご紹介します。

性器ヘルペスは何科を受診するの?

ヘルペスを得意とするのは皮膚科ですが、性器ヘルペスは患部が性器周辺であることから、次のような科がある病院を受診します。

男性の場合

  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 性病科
  • 性感染症内科

女性の場合

  • 婦人科(産婦人科)
  • 皮膚科
  • 性病科
  • 性感染症内科

性器ヘルペスに感染する主な原因は性行為によるものなので、症状が出ていないとしてもパートナーも検査する必要があります。

性器ヘルペスか他の性病か自分で判断できない場合

性器ヘルペスや他の性感染症は症状が似ているケースも多いことから、性器ヘルペスなのかわからない場合は、性病科、性感染症内科など専門性の高い病院の受診がおすすめです。

また、皮膚科と泌尿器科の両方ある病院であれば、性感染症にも詳しい場合は多いといいます。

病院の選び方のコツ

一番のおすすめは、お近くの病院のホームページをチェックしてみることです。

性器ヘルペスやその他の性感染症は人に相談しづらいことが多いため、まずは気軽にネットで情報収集してみましょう。

病院のホームページをチェック

たとえば、性感染症の情報についてホームページに詳しく載せてある病院は、性器ヘルペスなどの性感染症について得意としていることが多いですし、性感染症などの学会に積極的に参加されている先生のいる病院もおすすめです。

日本性感染症学会ホームページ」に認定医の先生の一覧があるので参考にしてみてください。

事前に病院の詳細、口コミなどをチェックする

病院検索サイトや病院の評判やランキングを調べられる「caloo」などでは、病院の詳細が簡単にチェックできるので便利です。

すでに利用されている方も多いと思いますが、私も病院に行くときは(内科でも歯医者でも)必ず口コミをチェックします。

そうすると、病院のホームページだけではわからない患者目線の情報が見られますのでとても参考になります。

例えば、先生の人柄だとか、他の病院で治らなかった症状がここで治ったとか、混み具合とか、口コミを見るだけで病院の雰囲気がわかるのでぜひチェックしてみてください。

病院へ行く前に、メールや電話で問い合わせする

問い合わせは必ずやらなければいけないというわけではなく、受診前の不安を少しでもなくすためにやっておくと安心という程度です。

  • 自分の症状と、考えられる病気(性器ヘルペスなど)を伝え、その病院で診てもらえるかどうかを確認する
  • 受診する際に必要なものを確認する(いつから症状が出たかなどのメモ、お薬手帳など)
  • 予約が必要か、診察時間、車で行く場合は駐車場の有無などを確認する

実際に受診する際、準備しておきたいこと

性器ヘルペスの一般的な検査方法は、医師による問診・視診で判断されます。

場合によっては、患部の分泌物を検査したり、血液検査でウイルスの抗体を調べることもあります。

問診での注意点

医師による問診では、症状がいつどのようにして始まったかを聞かれます。

自分の性体験や症状などを話すのはとても抵抗があるとは思いますが、医師は数多くの患者を診て治療してきたその道のプロですので、聞かれたことにすぐ答えられるように、症状が「いつ」「どのように」始まったかだけでもメモしておくことをおすすめします。

まれに恥ずかしがってなかなか症状を言えない方もいるようですが、きんとした診察を受けるためにも包み隠さず話すようにしましょう。

視診での注意点

問診のあとは患部の視診になります。

女性の場合、症状の出ている性器周辺を診る内診検査となりますので、婦人科検診などを受けられたことがある方はわかると思いますが、検査時は下着(下)を脱いで検査することになります。

このとき、できれば上げ下ろししやすいスカートをはいていくほうが恥ずかしさは少ないかと思います。

実際私は初感染時にそういったことがわからずジーンズで行ったので全部脱いだのですが、看護師さんから「内診はスカートのほうが良いかも」と言われ、それ以降はスカートで行くようにしました。

問診と視診で判断できなかった場合

問診と視診でほとんどの場合は判断できますが、性器ヘルペスだと判断できなかった場合は単純ヘルペスウイルスの有無を調べるため、病変部の皮膚や粘膜、分泌物を綿棒でこすり取って検査します。

また、血液検査でウイルスの抗体を調べる場合もあります。

自己判断だけでは危険

性器ヘルペスは他の性病と症状が似ているケースもあり自己判断だけでは難しい病気です。特に初感染時の重い症状があるときに放置するのは重篤化する危険もありますので、必ず検査を受けましょう。

また、性器ヘルペスに感染する主な原因は性行為ですのでパートナーも感染している可能性もあるため、パートナーも検査する必要があります。

性器ヘルペスは早い段階で治療を始めるほうが治りも早いため、「病院に行くのが恥ずかしい」「症状はあるけど我慢できるから…」と放置せずに、できるだけ早く受診されることをおすすめします。

おすすめ関連記事

★性器ヘルペス対策まとめ!薬やサプリ・再発予防やパートナーとの付き合い方

★性器ヘルペスに鍼灸治療が効果的!再発予防にも

★性器ヘルペスが治る漢方薬はあるの?漢方での考え方

★性器ヘルペスの痒み痛み腫れを抑えるヘルペクリームとは?

★備えて安心!性器ヘルペス再発時に助かる常備薬2つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました